ID奮闘記:ハウケタ攻略とMacとの戦い

2019年11月8日

インスタンスダンジョン(ID)にも少し慣れてきたID4戦目。

慣れてきたとはいえ、覚束ない動きで大きく貢献できてるわけではないけど、なんとか撃滅しつつボス戦へ。

予習項目をチェックしながら、ムービーを見て、ボス戦に臨みます。

が、

ボス戦に入ってすぐに、まさかのカーネルパニック(Macの強制再起動)

画面の真っ黒とは裏腹に私の頭は真っ白

このままだとボス戦が終わってしまう!

パーティにも迷惑がかかる!

早くログインせねば!

焦る私と、とにかく必死に穴埋めしながら闘うパーティメンバーと妻。

妻以外は私に何が起こったのか知りません。

私はチャットできないし、妻もチャットできる状況じゃないし、特に一緒にやってるってパーティに伝えてるわけでもないし。

この時は野良だったし。

いかん、なんとかせねば。

Macが起動して、アクティビティで挙動不審になってないかだけ確認して、FF14立ち上がれ!

過ぎる時間。妻の画面から見えるボスのHPは半分くらい。

みんなごめん。

そう思いながらようやくFF14のログイン画面!

ログイン!

うーん、この時間がもどかしい!

・・・入った!

と思ったら既にボス戦終わってました。

妻の画面から聞こえてくるファンファーレ。

パーティ組んでくれた皆さん、ごめんなさい。

出荷に近い状況かと思われます。はい。

私のMacは大丈夫なのだろうか?

そういえば、Mac内のCPUとかGPUの温度測るソフト入れてないなとか、

iMac冷やすのどうしようかとか、

このまま続けられるのかなとか、

色々考えつつ情報収集。

どうやら温度が上がりすぎたわけではなく、上がりきる前に気を遣って再起動してれた?らしいですね。

温度上昇はFF14のせいなのか?

続けられないのか?

他に原因はないのか?

そしてふと思い出しました。

ボス戦に入ったところで、キーボードを触ってしまい、ダイレクトチャットになったことを。

最近、というかOSをHigh Sierraにしたあたりから、日本語入力に入る度に固まるし、入れた文字が消えたり、イライラさせられてたなと。

これかっ!

Macの日本語入力は昔の方が断然良かったのに。(たしか、ことえりだったはず)

こんなところで大きな負の影響を受けるとは。

とは言え、なんとかしないと素敵なエオルゼアライフを送れないので、対策を講じなければ。

ってことで、ピックアップ。

●日本語ソフトの再起動。これはアクティビティのところで簡単にできるので、まず実行。

●カーネルパニック起こしてるので、温度上昇も問題かと思われるので、その対策。

セーフブートで起動、ファーストエイド、NVRAMをリセット。

一応、ここで割とスムーズにはなりました。

次に温度測定とファンコントローラー。いいの見つけた!TG-Pro!$20と有料だけど、優秀らしいので導入。

物理的に冷やす。熱の滞留を減らすために外部ファンを導入。¥1600。冷却シートも考えましたが内部で結露起こされたらたまらないので却下。あとはなるべくエアコンを。。。

外部ファンは届くまで待つ!

ファンコントローラーはお試し版があったので、まずはそれから。電源のリセット前に測ってみたけど、アプリはファインダーだけで40〜45°Cくらい。

FF14起動中は60〜65°Cくらい。

まぁまぁ上がるんだね。

電源のリセットしてみて、温度どうなるかだなぁ。

。。。

。。。

。。。

先に電源リセットしてしまってた。。。

。。。

ただ、ブラウザやメモ帳に日本語入力したときのスピードとレスポンスはだいぶ速い!

これなら大丈夫かな?

わかんないけど、チャット時は気をつけなきゃな。

あと、念のため画質も落としました。

最低に。

それでは皆さんは素敵なエオルゼアライフを。